【犬猫フィラリア薬の種類】猫のフィラリア予防の仕方、犬も猫もスポットタイプはコツがあります!

【犬猫フィラリア薬の種類】猫のフィラリア予防の仕方、犬も猫もスポットタイプはコツがあります!

April 4, 2024
シェア
著者: Big Y

目次:

1. はじめに

2. 犬と猫のための心臓虫予防

3. 心臓虫薬の種類

4. 猫用スポットタイプの心臓虫薬

5. 犬用経口薬

6. 犬用注射薬

7. 心臓虫、ノミ、ダニのためのオールインワン薬

8. 犬用スナックタイプの錠剤

9. 適切な心臓虫薬の選び方

10. 結論

犬と猫の心臓虫予防:薬の種類

心臓虫症は、犬と猫の両方に影響を与える深刻な病気です。蚊によって伝染する寄生虫によって引き起こされます。この病気は放置すると致命的になる可能性があるため、予防措置を取ることが重要です。この記事では、犬と猫のために利用可能なさまざまな心臓虫薬について説明します。

犬と猫のための心臓虫予防

犬と年配の猫の心臓虫予防期間は5月から12月までです。この期間中、ペットを心臓虫症から守るために予防措置を取ることが重要です。多くの種類の心臓虫薬があり、ペットに適したものを選ぶことが難しいかもしれません。

心臓虫薬の種類

心臓虫薬には、スポットタイプの薬、経口薬、注射の3つの主要な種類があります。それぞれに利点と欠点があり、ペットに適したものを選ぶことが重要です。

猫用スポットタイプの心臓虫薬

猫用の心臓虫薬は、猫の首の後ろに塗るスポットタイプの薬だけです。このタイプの薬は簡単に塗布でき、心臓虫症に対して効果的です。このタイプの薬の例としては、Revolutionがあります。

犬用経口薬

犬用の心臓虫薬には、経口薬と注射の2種類があります。経口薬は小さな錠剤で、犬に与えるのが簡単です。心臓虫に対して効果的ですが、ノミやダニに対しては保護されません。このタイプの薬の例としては、Ivermectinがあります。

犬用注射薬

注射は、犬用の心臓虫薬の別のタイプです。1年間有効ですが、高価で、一部の犬ではアレルギー反応を引き起こす可能性があります。ペットが薬を飲むのに苦労する場合は、注射が良い選択肢になるかもしれません。

心臓虫、ノミ、ダニのためのオールインワン薬

心臓虫、ノミ、ダニに対して保護するオールインワン薬もあります。これらの薬は錠剤の形で利用可能で、1か月に1回服用します。このタイプの薬の例としては、Hilariaがあります。

犬用スナックタイプの錠剤

犬用のスナックタイプの錠剤もあります。簡単に与えることができ、心臓虫に対して効果的です。ただし、ノミやダニに対しては保護されません。このタイプの薬の例としては、Sentinelがあります。

適切な心臓虫薬の選び方

ペットの心臓虫薬を選ぶ際には、個々のニーズを考慮することが重要です。ペットが薬を飲むのに苦労する場合や、特定の種類の薬にアレルギーがある場合があります。また、ノミやダニに対して保護する薬が必要かどうかも考慮することが重要です。

結論

心臓虫症は、放置すると致命的になる可能性がある深刻な病気です。幸いにも、犬と猫のために多くの種類の心臓虫薬が利用可能です。ペットに適した薬を選ぶことで、この危険な病気から保護し、健康で幸せな生活を送ることができます。

- End -
著作権©2023VOCAIInc.無断複写・転載を禁じます。 規約 プライバシー ポリシー
VOC AI Inc. 8 The Green,Ste A, in the City of Dover County of Kent Zip Code: 19901
VocAI Chatbot - Resolve 80% of your customer support questions with no code | Product Hunt
本サイトはCookieを使用しています。
シュレックスVOCは、ウェブサイトを正常に機能させるためにクッキーを使用し、お客様の嗜好、デバイス、過去の行動に関する情報を保存します。このデータは集計または統計的なものであり、お客様個人を特定することはできません。当社が使用するクッキーの詳細および同意の撤回方法については、当社の プライバシー ポリシー.
Googleアナリティクスは、当ウェブサイトのユーザーエクスペリエンス向上のために使用しています。当サイトを利用し続けることで、Google AnalyticsによるCookieの使用とデータ収集に同意したものとみなされます。
これらのクッキーを受け入れてもよろしいですか?
受け入れ
拒否